部位別のセルライト除去方法

 

 

セルライトのできやすい部位というのはだいたい決まっています。

 

まず、太もも。あとはおしりや二の腕です。心臓から遠いところは、血液の圧力も弱く、老廃物などもたまりがちです。また、下半身はこれに重力がさらにマイナスに働きます。どうしても、余分な水分などが下にたまってしまうのです。

 

このセルライトができているかどうかは、「オレンジピールスキン」が一応のメドに成ります。日本語に訳すと、「オレンジの皮の肌」ということに成ります。

 

その言葉のとおりに、オレンジの皮のように凸凹ができてしまうのです。

 

これらを解消するには、当然食事面からも気をつける必要があります。が、これだけでは部分痩せは困難です。と言うのは、摂取エネルギー量を減らしても、特定の場所の体脂肪やセルライトだけを消費するようなことはできないからです。

 

ということで、必ずその目的の部位を集中的に動かすようなエクササイズを併用するようにしましょう。

 

筋肉をつけるための運動ではありませんので、激しいものは不要です。有酸素運動を呼ばれる、呼吸が続いて長時間できるようなものを選びましょう。

 

たとえば、太ももやおしりならば、自転車こぎ運動が最適です。

 

また、二の腕の場合は、腕を大きく振る習慣をつけるだけでも効果があります。散歩・買い物・通勤などどんな時でもいいのです。大きく腕を振って歩くだけでも違いが出て来るでしょう。

 

また、ストレッチも効果があるでしょう。お風呂あがりのセルライトが柔らかくなった時が特に効果的です。